未分類

むしばいばいの効果的な使用方法と注意事項

むしばいばいを購入したけど、どのように使えばいいのかわからない。
むしばいばいに副作用や注意すべきところはあるのか?

副作用など気にせず、単純に食後にむしばいばいをあげればいいのではと思っている方も多いと思います。

そこで、今回はむしばいばいをどのように活用すればより効果的なのかと副作用と注意点について解説していきます。

むしばいばいのコンセプト

むしばいばいは歯磨きを嫌がるお子様に歯磨きのご褒美として与えるサプリメントです。1袋60粒入っています。1日2粒ずつ食べれば、1ヶ月は持ちます。

さらに善玉菌BLIS M18とキシリトールが配合されていて、BLIS M18が非常に小さな粒のため歯磨きでは行き届かない歯間などにも届きます。

むしばいばいを効果的に活用する

それでは以上のむしばいばいのコンセプトを踏まえた上で、私が思うむしばいばいの効果的な3つの活用方法を解説していきます。以下の通りです。

  • 必ず歯磨き後に与えてください。
  • むしばいばいを噛まずに舐めるようこどもに教えてください。
  • 舐め終わった後は飲み物や軽食は控えてください。

それでは、それぞれの要素について具体的に見ていきましょう。

必ず歯磨き後に与えてください。

これは、一度でも歯磨きと関係ときに与えるとそれが子供にとって当たり前だと認識される可能性があるからです。あなたも経験があると思うですが、勉強前にお子さんにゲームをやらせたりしたら、勉強しないですよね。それと同じです。

むしばいばいを噛まずに舐めるようこどもに教えてください。

噛むとすぐに溶けてしまい、口の中全体に乳酸菌が行き渡らないからです。
ゆっくりと舐める分その効果が持続し、虫歯にも効果的です。

舐め終わった後は飲み物や軽食は控えてください。

のど飴などと一緒で舐め終わってから最低15分は控えましょう。
舐め終わった後に、成分が唾液で自然となくなるまで待つことが肝心です。

ここまでは効果的な使い方でしたが、ここからは注意事項について解説していきます。
むしばいばいを使ってなにか問題が起きてからは遅いので、一応読んでおいてください。

むしばいばいの注意事項

副作用

むしばいばいを使うとおなかがゆるくなるお子さんがいるようです。たしかに「乳酸菌」は、”過剰摂取”するとおなかがゆるくなる成分です。ですが、、子供が歯磨きに使用するむしばいばいの量は、1日の使用する2粒合わせても1g以下です。個人差があるとはいえ、心配しすぎる必要はないと思います。

お腹が弱く敏感なお子さんの場合は1日1粒あるいは、1粒を半分に割って使用するようにとサポートセンターから助言を頂きました。

アレルギー

アレルギーに関しても、個人差があり、100%ないとは言い切れません。

サポートセンターに確認したところ、むしばいばいには”乳酸菌”が含まれているため、牛乳などの乳製品が合わない方の中には、むしばいばいも合わなかったという方がいるようです。

できる限りアレルギーが出にくい優しい成分を採用しているとのことでしたが、不安な方はブリアンに含まれる”(乳酸菌)BLIMS M18”を医療機関などで確認されてください。

使用期限

1年半は使用できますが、BLIS M18は菌なので、保存状態によっては死滅する可能性があるため。お早めに仕様してください。