未分類

むしばいばいで虫歯は治るの?

むしばいばいを服用すれば、虫歯が治ると思っている方が多いと思います。
私自身もそう思っていました。

結論から申しますとむしばいばいでは虫歯は治りません。
あくまでむしばいばいは虫歯防止のためのサプリメントになります。

ここからは気になる方だけが読んでください。

なぜむしばいばいでは虫歯は治らないのか?

その理由については、まず虫歯とはそもそも何かを知らなければなりません。

虫歯とはひとことで表現しますと「酸によって歯が溶けた状態」のことです。
口の中にいる細菌であるプラーク(歯垢)が食べ物のカスや飲み物に含まれる糖を餌に酸を作ります。

※プラークとは、歯の表面に付着している細菌のかたまりです。

どれほど歯が溶けているのかによって、虫歯の進行度を表します。

●CO:虫歯の進行が始まっている歯、進行が始まりそうな歯を指します。
○症状:痛みなどの自覚症状はほとんどありません。

●C1:エナメル質と呼ばれる歯の表面まで進行した初期の虫歯
○症状:痛みを感じることは少ないです。

●C2:象牙質まで進行した虫歯
○症状:冷たい飲食物でしみます。暖かい飲食物でしみることもあります。

●C3:歯髄まで進行した虫歯
○症状:眠れないぐらいの激しい痛みを感じることが多い。放置すると神経が死んでしまい、痛みがなくなることがあります。

●C4:歯の根だけが残った状態
○症状:歯髄(神経)が死んでしまい、痛みがなくなる場合があります。
歯根の先に膿が溜まると激しい痛みが起こり全身の健康を害することにもなります。保存治療は困難なため通常は歯を抜くことになります。


http://okamuragroup.com/about-okamura/#about-okamura01からの引用

基本的には虫歯になってしまったら、直りません。ただし、COの状態だと修復できます。歯磨きによって、虫歯菌によって作り出された酸を中和し、歯を修復する役割があります。

C1状態まで虫歯が進行していれば、修復は不可能です。その場合、歯医者でしか治療できません。

虫歯になりにくい強い歯を作るには、フッ素を歯に取り込むことやむしばいばいが効果的です。フッ素入り歯磨き粉や洗口剤あるいは、歯医者でフッ素を塗ってもらうことができます。

虫歯ができたのなら、早急に歯医者に行きましょう。

こどもの場合、エナメル質が永久歯の半分しかないので、痛みが出るのが早いです。
また、永久歯にも虫歯がうつる可能性があるため、早急に治療しましょう。
現在は表面麻酔、電動式注射器治療が可能ですので、ほぼ無痛で治療できます。
はっきり申しますと、腕に打つ注射に比べて痛くないです。注射するときは目を閉じて受けましょう。